<< 天下一品 | main | ムスコ4コマ その83(4コマ漫画) >>

青りんご

珍ドリンクってわけじゃないけど、見たらつい買ってしまうファンタレトロシリーズ。
「青りんご」を発見→気が付けば購入という、いつものパターンです。
ファンタ青りんご味

飲んでみるとごくフツーの青りんご味。
瞬間、なぜかグンマーの野山で遊んでいた少年時代がフラッシュバック。

少年時代、友達の間でハイチュウ青りんご味が流行りました。
当時全国を駆け巡ったファミコン流行の勢いとは別に、グンマーの小さな小学校の小さなクラス、しかも数人の仲良しグループの間だけのひそかな流行でした。
いつもポケットにしのばせ、

「やべぇ!アレがきれてきた!」
ハイチュウを口にパクッ
「キク〜〜ッ!!」(震える)

という茶番を繰り返したものでした。
僕らの間ではなぜか「青りんご味だけが正義!他はクソ」という雰囲気で、特にイチゴ味なんぞは女子供の駄菓子だ!などというブーメラン発言を称え、調子に乗って学校にまで持ち込むようになりました。

授業中にハイチュウを堪能していると、静まりかえった教室にほのかな青りんごフレーバーが広がり、それに気づいた先生は

「誰だガムを食べてるのはーッ!!!???」(絶叫)

怒り状態の先生は教室の片端から一人づつ立たせて口を開けさせ、ガムが入っているか確認するという行動に出ました。
いよいよ僕の番が回ってきた時、口の中のハイチュウは証拠隠滅で丸呑みしちゃえばいいのに、なぜかグッと噛んで奥歯に貼り付けてカモフラージュという、大冒険を行ったのでした。
口をあ〜んと開ける僕。
中を見て確認する先生。
無言で次の生徒へ。
………「勝った!」(何に?)

心の中でフラメンコを踊ったあの瞬間。
空も飛べそうなくらいの無敵感で胸をいっぱいにしてくれた味、青りんご味。
僕にとって青りんご味というのはキラキラした少年時代をフラッシュバックさせるトリガーなのです。



 私、白川が心を込めて描きます。似顔絵ウェルカムボード、似顔絵ギフトのお店です。
似顔絵ウェルカムボード、似顔絵ギフトのスタジオフィールマン

↓ランキング参加中です↓クリック投票は1日1回有効です
ランキング


コメント
コメントする









profile
似顔絵ギフト スタジオフィールマン
似顔絵ウェルカムボード、似顔絵サンクスボード、似顔絵ギフトのスタジオフィールマン
ranking
ランキング
ランキング
似顔絵ウェルカムボードランキング
似顔絵ウェルカムボードランキング
sponsored link
twitter
categories
archives
search this site.
link
Webコミックさ〜ち
無料で読めるWEB漫画・ウェブコミックリンク / COMIC-FAN / コミックファン /
Web漫画天国(まんてん)
4コマ漫画100
コミックルーム[WEB漫画検索サイト]

others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM